友達の家にお泊まり彼氏の家にお泊まりするときにすっぴんになるとふいに二重になりたいと思う

Posted by:さぁこ Posted on:10月 1,2016

私は生まれた時から重たい一重に、薄く広い眉毛、だんご鼻で、顔が大きいです。

全てがコンプレックスで特に目は私の最大の悩みでした。

小学校は人数も少なく、いじめなどもなく、自分の顔のコンプレックスなど一度も気になりませんでした。

中学に入ってからは、みんなおしゃれに気を使ったり、周りの目を気にしたりするようになりました。

私が中学2年生の時クラスの男子に、「中国人のバレー選手の◯◯に似ている」と言われ、家に帰ってパソコンで調べました。

私はそれにひどくショックを受けました。

それ以来毎日、クラスの男子に馬鹿にされました。

その度に、私の目が二重だったらなと思う気持ちは日に日に増していきました。

奥二重でもいいから二重になりたいと願いました。

可愛い子は全員二重で、そんな人達はみんな彼氏がいました。

やはり一重の私には、彼氏がいませんでした。

中学3年生になり、アイプチを使い始めました。

アイプチのことを馬鹿にしてくる人もたくさんいましたが、昔みたいに一重のことを馬鹿にしてくる人は減り、自分は二重になれるので満足していました。

でも、学校でプールの時や、朝雨が降った時は、二重の液が白くうきあがり、一重になったりしました。

やはり、人工的でも二重を手に入れることができても、自然的な二重にはかなわないと思いました。

また、二重の形も自然的な二重にはかなわないとも思いました。

今大学生で、アイプチを使わないでビューラーとマスカラを使って、重たいまぶたをなんとかあげて、二重にしています。

それにプラスして、茶色い薄いアイライナーを二重線の位置に引き、アイシャドウで二重風のメイクをしています。

ぱっちりした二重になりたいと思う気持ちは未だに変わりません。

友達の家にお泊まり、彼氏の家にお泊まりするときに、すっぴんになるとふいにそう思いました。


さぁこ

No description.Please update your profile.